見直しが必要な教育になっている

教育界に新風を吹き込む、「国際バカロレア」 今の教育は本当にこのままでいいのか少し不安があります。詰め込んでしまいすぎてしまってゆとりが必要だと感じてゆとり教育をはじめたら子供たちの学力が下がってしまいました。学力低下の原因は土曜日学校だったのが週休2日にしてしまったことです。それで授業時間が少なくなってしまいました。子供たちは勉強時間が確保するために今度は6時間授業が多くなってしまいました。前に戻した方がよかったのかもしれません。

ゆとりがあり過ぎても困ります。子供たちは家にいればゲームばかりをしてしまいます。昔の子供たちのように外で遊んだりすることが少なくなってきています。これは教育として大変なことになります。もっと元気でそして勉強もきちんとできる子供に育てないといけません。もう一度詰め込みがいいのかそれともゆとりがいいのか考えて見直しをする必要があります。子供たちがきちんと社会に生きていくために親はしっかりした環境の場を与えることが大事なことです。