現在の日本の教育事情

教育界に新風を吹き込む、「国際バカロレア」 日本は、小学校、中学校が義務教育となっています。小学校で基本的な計算や漢字など様々な事を学びます。外国では、家庭の事情で小学校に通えない子供たちがたくさんいます。その様な子供たちは、文字を書いたりすることも出来ないです。日本の子供たちは学ぶ事の権利を与えられています。これは、とても幸せな事です。将来の選択肢も自ずとして広がります。中学では、小学校よりも難しい問題にもトライします。

また、最近では幼児教育に力を入れる家庭も多くあります。小さなうちから、英語やピアノなどを習わせます。特に英語は小さなうちは、耳から覚えると言います。頭で覚えるのではなく、音と同じような感覚で覚えていきます。そうすることで自然と英語が身についていきます。この様に、小さなうちから色々なことをさせる事で、得意な事を見つけ、将来役立てて欲しいと願う親心です。

そして、義務教育を修了した後、高校へ進学しさらに学びを受ける人がたくさんいます。

オススメサイト