高校教育に採り入れてもらいたいこと

教育界に新風を吹き込む、「国際バカロレア」 かつては英語の実力を測るために英語検定を受け、その級が実力の目安とされていましたが、最近ではもっぱらTOEICが重要視されるようになっています。TOEICは英語のコミュニケーション能力を測るテストですが、特筆すべきは世界が同じテストによって英語能力を評価することです。つまり、英語圏の人もそうでない人も同じテストを受け、その結果を知ることができます。グローバル化する今の時代、日本国内で設けた英検よりもTOEICの方が、英語能力を客観的に判断できるというわけです。

もし、高校教育の現場でTOEICの受験を目指す英語の授業が行われたとしたら、生徒にとってかなりメリットがあると思われます。大学受験のための英語の勉強とは若干異なるものの、TOEICの点数アップが英語に自信を持たせるようになるのは間違いありません。TOEICでいいスコアを取るためにはボキャブラリーが豊富になる必要がありますし、センテンスごとの塊で文章を作成する能力も必要です。これらは受験対策にも効果的だといえますので、高校の教育にはぜひ取り入れてもらいたいところです。