プログラミング教育の必修化

教育界に新風を吹き込む、「国際バカロレア」 文部科学省の有識者会議において、小学校段階においてプログラミング授業を取り入れるかどうかについての議論が行われたことが話題となっています。この議論自体は、2020年からの小学校におけるプログラミング教育導入に向けて以前から何度も行われていました。子供たちにコンピューターに対して自分たちが意図した処理を行うように指示を与える体験を通して、プログラミング的な思考を身に付けさせ、将来どのような職業についても役立つことのできる思考力を育むための方策について、現在でも議論が続けられています。

そうした政府の動きを見据えて、民間でも子供たち向けのプログラミング教育インフラが整いつつあります。子供たちが興味を保ちつつプログラムを学ぶことができるように、ゲームや音楽等を取り入れたプログラミング環境がいくつか登場しています。それらの多くは無料で利用することができ、気軽に学習を始めることができるようになっています。

プログラミング的思考というのは大人にとっても有用なものとなります。現在、お子さんをお持ちの方は、これから勉強してみるのも良いかもしれません。